お世話にならずに済むなら
掛け捨て状態でもありがたいくらいな保険ですが、
せっかく掛けてる保障を把握していないのはもったいないですよね。

医療保障特約って
入院特約や三大疾病特約に目が行きがちですが、
手術特約の内容が数年でずいぶん変わってきてるそうです。

昨年の1月に
私、中耳炎になって鼓膜切開をしたんですが、
手術として明細に記載されてることすら知りませんでした。

別件で手術特約の内容を確認するパンフレットを見てびっくり!
日帰りの外来でのそんな手術も保障されて
保険金が出るそうです。
入院給付金の5倍とか、10倍とか。

あわてて、領収書を捜しました。

ありました。
領収書の明細の項目に手術として金額や、点数が書いてあれば、
そのコピーだけで請求出来るそうです。

。。。。で、請求の1週間後に給付金が振り込まれました。
私の場合、
契約している入院給付金の5倍の25000円が外来手術の給付金になっていました。

通院による、
医療費って結構バカに出来ない金額がかかるので助かりました。
領収書をとっておいてほんと良かったです。(*^_^*)

契約によってさまざまだと思いますが、
手術って全身麻酔をするようなものだけだと思いがちですが、
そうじゃない
内視鏡によるものとかでも対象になりますし、
診断書もや印鑑も不要だったり、手続きも変わってきてるので、
煩わしさが軽減されて、
病み上がり状態のバタバタした時だけに
スムーズに給付されると安心できました。

コメント 0

新着記事一覧