上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット仲間のブログやツイッターを巡回してると、
同じようなことで悩んだり、困ったり、
解決方法も一緒だったりで、
ウンウンしちゃいますね。
もちろん
そっか!その手があったのね!!!!って助けてもらったり。

で、タイトルの布のあまりの行方は、
最後は当然ゴミ箱なのですが、
段階があって、
床→ゴミ箱→出来上がったら最後のゴミ行き です。

↓の画像は作業中はこんな感じよっていうのを
撮ってあったゴミ箱です。
sagyouchuu.jpg
作業台では
洋裁だけでなく工作ちっくなことや事務っぽいこともするので、
ゴミ箱は紙と布中心のゴミになります。

常時ゴミ箱に几帳面に入れる性格じゃないので、
裁断後の残布は
一旦、床に放置されます。

出来上がるまで放置って言うこともままあります。
失敗したパーツの裁断し直しもそこから拾ってやり直します。
接着芯や裏布も、ほとんどそんな感じです。
出来上がって注文主に渡して2日ほど経って
もう必要ないなって時にやっと本当のゴミになります。
大き目に残った表布は基本的に注文主にお返しするのですが、
不要だとおっしゃる方も多いですね。

端っこ布を片付けて、
作業台の敷き布(白い布)にコロコロをして糸くずを取って
注文品の場合、領収書を書いたら、
仕事がひとつ終わったっていう感じですね。

↑の画像で作ってたこぎんバッグは
後ほどHPにアップしたいと思ってます。

コメント - 2

ふるやま  2012, 04. 21 (Sat) 20:47

残布をゴミ箱に入れるのは、私も最後の最後です。
そしてゴミ箱に意図せずいろいろ落下するのを防ぐためにやっぱりゴミ箱は作業台の下の奥に置いています。
返す布を畳んで袋に入れるときにあまり小さいものは捨てます。

編集 | 返信 |  

アリエス  2012, 04. 24 (Tue) 09:58

★ふるやまさん

ふるやまさんもそうでしたか。v-363
そそ、思わぬものが落下することってありますね。
落下したものが直ぐに見つかるように床はきれいにしておかないとな~って
いつも思うのですがなかなか。。。。(恥)
返すべき布や予備ボタンの保管もお願いねって言われたりするので、
それらはいつまでも増えるばかりですわ~。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。