ARIES 雑記
HPの本編からはみ出した事をあれこれつづろうと思っています。
スポンサーサイト    /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
印傳バッグのお直し    /2016年01月07日(木)
印傳のバッグのちょっとしたお直しをしました。
インデンというのは鹿革に漆で模様をつけた山梨の名品です。

底上げしたバッグ
ピンクラインまでだったの浅いバッグの
脇と底に黒い革を足して大きくしました。
その際、マチ巾の調整の為に脇にタックをとっています。
正面から見ると食パンみたいな形になったのですが、
使い勝手が良い大きさになったと思います。

合切袋、巾着バッグの上の方が傷んでるので
浅くしたいというお直しです。
合切袋 浅く
↑既成では右(私のもの)の大きさです。
それを左側まで浅く上をカットしました。

土台の革と裏を縫い直すのは簡単だったのですが、
問題は紐通しをどうするか。。。。
ハトメ金具を打つ方向で考えていたのですが、
2本の紐を通せるハトメはごつくなるのと
裏に付いてるポケットが干渉しそうということで断念。
ループをつけて通すか。。。。
試しに検索したら、紐通しパーツのコキがヒット!
紐を通してる金具コキ(白いプラスティック)が売っていました。
サイトに付け方も載っていました。
それを買ってつけ直したらいいかなと思ったのですが、
ブランド名がついてるパーツをそのまま使えたらと思って、
ペンチで外してみたら、何とかいけそう~~~~(*^_^*)

で、こうなりました。
コキにクギ
↑コキを新しい真鍮クギで打ち付けた画像
クギのとんがりが裏から出ます。
そのクギの出っ張りをペンチで切って金やすりで整えて、
ハンマーで、つぶします。
すると、↓の画像のようにクギがつぶれて、コキが固定されました。
クギをつぶした

微妙に釘の形とか違うようですが、気にならないかと。
新旧クギ

手持ちの道具で出来上がって良かったです。
道具
ハンマーは打ち込む時は大きい方が、
真鍮クギをつぶすのは小さい方がやりやすかったです。

実際の作業はなんてことないのですが、
工程を決めるまでにあれこれ悩んだお直しでした。
誰かの参考になれば良いなと思って、ちょっと詳しくアップしておきます。
スポンサーサイト
和装のはおりもの    /2016年01月07日(木)
昨年、頼まれて和装のはおりものを縫いました。
見本になる既成品と着物を解いた生地を送っていただき、
試行錯誤して完成することが出来ました。

和服の片りんに触れて楽しかったです。

和装 コート
母に試着してもらったら、
絹の光沢感も素敵で、着映えするな~と思いました。
置くと平らになる平面的なものが人が着ると
布の柔らかさで自然に体に沿って
皺というか自然なドレープ状に立体感が生まれるということを
実感してうっとりしました。

衿元
無地部分で、重ね衿にしてみました。

リボン紐
腰ひも部分は片リボンのような形になってて、可愛いです。
Copyright © 2004 Powered By FC2. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。