ARIES 雑記
HPの本編からはみ出した事をあれこれつづろうと思っています。
スポンサーサイト    /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
想いを伝える。    /2006年04月29日(土)
ネットやメールをしていると疎遠になりがちだった人とも
マメに連絡が取れて親交が深まるきっかけになることも多いですよね。

特にメールは顔を見ては言えない様なこともさらっと書けたり、
手紙ほど大げさじゃない気軽さが便利です。

10代の頃、私は他人を想っていることをアピールするのをなるべく避けていたのですが、
それは今となっては凄く勿体無い行為だったと思うんです。
解ってるはずだと思っていたのに、
意外と伝わっていないことが多かったなと後悔したこともたくさんあります。

なので、今はなるべく多弁なくらい自分の想いを伝えるようにしています。
テンションが下がるようなことはあまり伝えませんが、
「良かったね!」「良いことだよ~!!」「幸せじゃん。」
「ありがとう。」「嬉しかったよ~~。」
そういう思い。
「心配してるよ。」「気にしてるからね。」
そういう想い。

そういうことは言葉や行為にしてくれると嬉しいし、
私も積極的に伝えていこうと思っています。
大人になって思春期のようにあれこれ思い悩まなくなったのは、
そういう気持ちを伝えた方がお互いの為だと気づいたことが大きいような気がしています。

スポンサーサイト
失敗をリカバリーする方法。    /2006年04月28日(金)
ミシン刺しゅうは失敗するとやり直しが効かない事が多いので、
初めて使うデータは試し縫いをしてからでないと
怖くてぶっつけ本番は出来ない気がします。

特に自作データや個人サイトのフリーデータなどを使う場合は
慎重になりますが、
ミシンメーカーで販売されているデータは本当に綺麗に刺しゅうできるので、
いきなり本番ということも結構あったりします。

先日頼まれ物で、ワッペンを刺しゅうしていた時のことです。


韓ドラ その後。    /2006年04月28日(金)
「バリでの出来事」はやっぱり面白くて、
DVD版も見ました。
TVではカットされていたシーンも多くて見てよかったと
しみじみ思いました。(*^_^*)

そして、更に友人のオススメ韓ドラも数本見ました。
ストーリーはいかにもっていうのが多いですね。
そんな中で気づいたことが。


色バトン♪    /2006年04月23日(日)
ふるやまさんから回ってきました。
ふるやまさんから見た私のカラーはネービーブルーとのことでした。
   
★Q1 自分を色に例えると?
 青 澄んだ空の青 青すぎないちょっとグレーがかった青空。
 私にとっての理想の精神状態を現している気がする。

 我が家のテーマカラーはネイビーブルーなので、
 ふるやまさんが言って下さった色は嬉しかったです。(*^_^*)
     
★Q2 自分を動物に例えると?
 牛か、羊。一見のんびりしてても、怒ると怖そう。
 広大な大地と青空が似合うところも良い。
  
★Q3 自分をキャラに例えると(漫画でも映画でも可)?
 う~ん、これは難しい。
 ちびまるこちゃんの野口さんが近いかも。
 お笑い好きではないけど、
 冷めた目であれこれ見てるようなところが近い気がする。

★Q4 自分を食べ物に例えると?
 う~ん、これも難しい。
 ジャガイモ。無骨な感じが。
 理想はリンゴ。見た目可愛くてしかもヘルシー♪
 
★Q5 次に回す5人を色に例えると?
 回す人はパスさせていただきますね。
 代わりに回して下さったふるやまさんの色について書かせていただきます。

 ひだまりのようなオレンジがかったピンク。
 暖かさを感じる色だと思います。

★皆さんのコメントを拝見しますと、
HPやブログはその人そのものなんだなと改めて思います。
色もそうですし、雰囲気や人となりも。。。。   
書き順。    /2006年04月23日(日)
文字を書くときに書き順は気になりますか?
私はわりと気にしない方です。
でも、気にせずにいられないことがあるんです。

20060423205420.jpg
刺しゅうPROを使って作ったデータのリアルプレビュー画像です。
上と下のデータの違いが解りますか?

上は、PC内蔵のTrue Typeフォントをそのまま刺しゅうデータに変換しただけのものです。
書き順やステッチの方向がこちらの思う物(下のデータ)とは違っています。
刺しゅうPROの内蔵フォントの楷書体や行書体ではちゃんと変換されるので、
True Typeフォントは画像として認知されているのかもしれません。

ミシンの黄ばみ。    /2006年04月14日(金)
最近のミシンは外側が樹脂で出来ている物がほとんどで、
軽くて移動には便利なのですが、不満な面もあります。

ロックミシンの場合、
昔の素材のミシンより、音や振動がちょっと大きいようです。
そして私が何より気になるのは、本体の変色です。
アイボリーできれいだったはずが、
徐々に黄ばんでしまいます。
しかも、まだらに。。。。(~_~;)

HPにアップした私のミシンは黄ばみのほとんどないものですが、
実は既に手放した2台のミシンはそれはひどい黄ばみ状態でした。

ミシン屋さんに聞いても解消方法はないそうで、
保存時にカバーをかけて回避するしかないとずっと思っていました。
ところが4本ロックミシンのプロラインを展示品で購入する際に
JUKIで整備をして下さいました。
そうしたら、
かなり黄ばみが解消されて手元に来たのです。(●^o^●)
一体どんな方法できれいにしたのか知りたくてしかたがありません。
購入の手芸店でJUKI直営店を通しての整備なので、
担当の方とも全く面識もなく不明なままに数年が経ってしまいました。
ネットで検索もしましたがヒットせず。。。。

最近地元のJUKIで、ついでに聞いても分からないという返事でした。
樹脂の黄ばみを取る方法、是非知りたいです。
何かご存知の方はコメンをト下さい。
お願いします。m(__)m
帽子。    /2006年04月09日(日)
今年は本当に帽子が流行ってますね。
売り場面積も拡大して、定番のデザインから、
今までは秋冬物にしかなかったニット帽まで春夏仕様の
さまざまなデザインの物が売られていますし、
手作り関係のサイトでもますます目にすることも多くなりそうです。

私も今年こそ本格的な帽子を作ってみたいと思っています。

本格的といっても
帽体やヘッドトルソーを使うような超本格的なものではなく
つばがちょっとある程度のもの。
今までに縫ったことがあるのは簡単なニット帽だけでした。

ニット帽って病人にも結構便利なんです。
髪の毛が邪魔だったり整えるのが億劫な場面でもそうですし、
病気によっては頭髪が薄くなったり、
かなり短く散髪する必要があったりします。
そういう時に帽子があるとちょっと気持ちが軽くなる気がします。
私は好きな色柄のものとは別に、
黒や茶色の遠めに帽子という感じがしないものも良いなと思いました。

手作りをする場合は、
適度に伸びて戻りの良い綿ニットリブなどの素材ですと、
洗濯も簡単でぴったりだと思います。

ただ、室内で帽子をかぶることに抵抗がある人も多いので、
そういう方の場合、
大き目のバンダナやハンカチを帽子のように使っています。

帽子やバンダナは、
意外と気づきにくいお役立ちグッズと言えるかもしれません。
Copyright © 2004 Powered By FC2. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。